教員紹介

教育学部教員コラム vol.131

2018.12.01 こども発達学科 小原 豊

「塾の算数と学校の算数」

将来、小学校の教員になりたい皆さんにお聞きします。

 

塾で教える算数と学校で教える算数は「同じ」ものでしょうか?

 

私の考えとしては「否」です。

 

なぜなら、知識や技能としては同様ですが、考え方や態度の面では画すべき一線があるからです。

塾はいかなる理念を掲げようと教育をサービスとして提供し、志望校合格といった

切実な目的達成を支える営利企業です。

 

そして学校は、学校教育法(昭和22年法律第26号)の第一条で定義された教育施設であり、

文部科学省を監督省庁として児童の全人的な資質・能力の育成に務めねばなりません。

これは、塾の方が良い、学校の方が良いといった単純な二元論ではありません。

本来の社会的な使命が異なるのです。極論すれば、塾ならば受験に頻出傾向の問題を手早く解く

技能の習得に終始しても構わないでしょう。

学校のように児童の人格形成に責任をもつ必要は特にありません。

 

しかし学校では、算数の問題が解けるという成果を重視しつつも、

その過程で算数の内容と形式がもつ素晴らしさを伝え,先人の努力や工夫への

感謝と敬意を引き出すことで思慮や節度を培わねばなりません。

また、根拠に基づいて正しい結論を導く過程で,自主自律や守約の徳性を培わねばならないのです。

 

教員を目指す皆さんには、

「塾で教えるのに免許資格が要らず、学校で教えるのに教員免許状が必要とされる」

このことの本質的な理由を、ゆっくりと考えて頂きたいと思います。

 

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.