教員紹介

長澤 真史

担当科目

特別支援教育基礎理論 特別支援指導法 障害児保育 ほか

氏 名 長澤 真史(ナガサワ マサシ)
所 属 こども発達学科
職 名 講師
専攻分野 特別支援教育  障害児保育
最終学歴 筑波大学大学院博士課程 人間総合科学研究科 障害科学専攻 満期退学 
同修士課程 教育研究科 障害児教育専攻 修了
学部担当科目 特別支援教育基礎理論 特別支援指導法 障害児保育 ほか
長期研究テーマ 障害のある子どもと周囲の人々とのコミュニケーション
障害のある子どもを取り巻く支援者の学習
自閉症スペクトラム障害のある子どもたちの支援方法

長期研究テーマ内容 子どもと大人がやりとりの中で、お互いの行為を形作るプロセス、そしてそれを通して何かを学習していくプロセスに関心があります。特に自閉スペクトラム症などのコミュニケーションに障害があるとされる子どもたちと周囲の大人との関わりがどのように形成され、その中で子どもが何を学び、大人はどう変化していくのかということを研究のテーマとしています。そこで得た知見を具体的な支援の方法につなげていきたいと考えています。
短期研究テーマ 絵本の読み合い活動における子ども-大人間の相互行為
知的障害の特別支援学校における子ども‐教師間の相互行為 
インクルーシブ保育を支える相談支援の在り方

短期研究テーマの内容 子どもと大人とのやりとりには、様々な文化的な道具が介在しています。例えば、教室では、絵本や教材などを介したやりとりが行われます。それらは大人の意図したことを伝えるために使われるだけではありません。子どもはそうした道具を自ら活用し、意図されていなかったような意味を引き出したりもします。絵本の読み合い活動や特別支援学校における授業をフィールドに、子どもたちがどのようなやりとりを展開しているのかを研究しています。
主要業績

    【論文】

  • ① 吉井勘人・仲野真史・長崎勤, 自閉症児に対する会話の修復機能としての明確化要求の発達支援-   明確化要求の表出タイプの出現順序、共同行為ルーティンの役割、明確化要求の表出と欲求意図理解の機能連関に焦点を当てて-, 特殊教育学研究, 第53巻, 1号, pp1-13, 2015.
  • ② 仲野真史・長崎勤, 幼児におけるナラティブの結束性の発達:ケーキ作り経験に関する報告の分析を通して, 発達心理学研究,第23巻, 1号, pp66-74, 2012.
  • ③ 仲野真史 ・長崎勤,ナラティブの発達と支援. 特殊教育学研究,第47巻,3号,pp183-192,2009.
  • 【著書】

  • ① 仲野真史, 授業実践 プラクティス5-② 電子黒板でおはなしあそびをしよう. 橋本創一・安永啓司・大伴潔・小池敏英・伊藤友彦・小金井俊夫編著, 特別支援教育の新しいステージ 5つのIで始まる知的障害教育の実践・研究-新学習指導要領から読む新たな授業つくり, 福村出版, pp132-133, 2018.
  • ② 仲野真史, CASE28 小学校高学年期 他者からの評価と自己評価との違いを認めることができない. 霜田浩信・橋本創一・三浦巧也・堂山亜希・熊谷亮・渡邉貴裕・尾高邦夫・田口禎子編著, ちゃんと人とつきあいたい2, エンパワメント研究所, pp165-168, 2017.
  • ③ 仲野真史 ・長崎勤,第12章 障害の理解① 特別支援教育を知ろう. 柏崎秀子編著,教職ベーシック 発達・学習の心理学,北樹出版,pp138-148,2010.
皆様へ
メッセージ
違いを大切に、むしろ違うことをポジティブにとらえようという主張は、近年特に盛んです。でも実際に行っていくのは簡単ではありません。それを具体的に行っていくための視点や方法を、障害のある子どもたちの保育・教育というフィールドで探求していきたいと思います。
受験生向け
メッセージ
子どもたちの感じ方、学び方は様々です。障害のある子どもたちは、特にそのことに気付かせてくれます。そして、多様な子どもたちの学びを支えること、そのための保育・教育を考えていくことは、簡単ではありませんが、とても魅力的な仕事です。一方で、保育・教育を行う大人も様々です。多様な人々が協働して、子どもたちの学びを支えるためには、自分が大切にしている価値観について知ること、他者の大切にしている考えを知ることが出発点になります。ぜひ本学で、教員や友人との交流を通して、一緒に学んでいきましょう。
Email nagasawa@kanto-gakuin.ac.jp
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.