教員紹介
小原 豊

小原 豊

担当科目

初等教科教育法(算数),数学科教育法I・II,ゼミナールI・II,教養ゼミナール,卒業研究,人間環境論入門,教職実践演習

氏 名 小原 豊(オハラ ユタカ)
所 属 こども発達学科
職 名 教授
専攻分野 数学教育学、教育方法学
最終学歴 筑波大学大学院博士課程教育学研究科
学部担当科目 初等教科教育法(算数),数学科教育法I・II,ゼミナールI・II,教養ゼミナール,卒業研究,人間環境論入門,教職実践演習
長期研究テーマ
  • 1)教授学的変換による教材開発過程の分析及び評価
  • 2)教員養成課程へのスマートデバイス導入
長期研究テーマ内容
  • 1)市井の算術や数学史に埋もれていった数学を学校教育の教材として開発しています。
  • 2)ipad,e黒板,デジタル教科書を自在に使えるエバンジェリストとしての教員のスキルアップを支援しています。
短期研究テーマ
  • 1)「熟練した算数・数学教師による関心・意欲・態度の評価方法研究」
    (文部科学省・科学教育研究費補助金受託(若手研究(B))研究代表,2005年度~2007年度)
  • 2)「ケースメソッドによる文科系学生の数学的リテラシー向上に関する実践的研究」
    (文部科学省・科学教育研究費補助金受託(基盤研究(C))研究代表,2008年度~2011年度)
  • 3)「双方向参加型学習環境による算数数学科教員養成プログラム改善の実証的研究」
    (文部科学省・科学教育研究費補助金受託(基盤研究(C))研究代表,2012年度~2015年度)
研究業績
    学会誌 (過去5年以内)

  • (1) 小原 豊(2014) 「多様な考えを活かし練り合う開かれた問題解決授業の展開」,『日本数学教育学会誌』第92巻 第7号,日本数学教育学会,28-31頁.
  • (2) 谷竜太,小原豊(2014) 「算数数学科の問題解決授業における板書の機能」,『日本数学教育学会誌』第92巻 第7号,日本数学教育学会,36-39頁.
  • (3) 齋藤昇, 小原豊, 秋田美代(2014) 「創造性の基礎を培う山登り式学習法の国際教育協力への展開」,『日本数学教育学会誌』第92巻 第7号,日本数学教育学会,16-19頁.
  • (4) Yutaka OHARA (2013) 「Case Method Implementation in Mathematics Teacher Education」,『International Journal of Research on Science and Mathematics Education』,Vol.1, International Society for Science and Mathematics Education,19-26頁.
  • (5) 小原 豊(2010) 「学び方・価値の教育,道徳教育と人間形成」,『日本数学教育学会誌』,第92巻 第12号,日本数学教育学会,34-35頁.
  • その他,国際学会・国内学会研究論文集,大学研究機関等紀要,多数(省略)。
    著書3本 (過去5年以内)

  • (1) 齋藤昇, 秋田美代, 小原 豊 共編著 (2013)『子どもの学力を高める新しい算数科教育法』東洋館出版, 全143頁.
  • (2) 齋藤昇, 小原 豊 共編著 (2013)『授業に役立つ算数教科書の数学的背景』東洋館出版, 全153頁.
  • (3) 礒田正美, 小原 豊, 宮川健, 松嵜昭雄共編著 (2014), 『中学校数学科つまづき指導事典―授業の種,研究の芽―』明治図書, 全141頁.
皆様へ
メッセージ
一意専心,教育研究活動に取り組んでいきたいと思います。よろしくお願い致します。
ゼミの内容 私のゼミの主たるテーマは,学校教育を充実する「異文化体験」です。具体的な異文化体験と共に,文化的な他者性(otherness)や寛容性(tolerance)のあり方を知り,社会を生きる上での基本的なコミュニケーションについて深く理解します。また,学校教育という事象を多様な価値観をもって捉えることで,共生を尊ぶ態度を培うと同時に,知識社会学や認知心理学などの高い専門性に基づいた人間理解の幅を拡げていきます。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.