教員紹介
山下 俊幸

山下 俊幸

担当科目

国語(A)・(B)、初等教科教育法(国語)(A)・(B)、教養ゼミナール、ゼミナールⅠ・Ⅱ、保育内容指導法・言葉Ⅱ(A)・(B)、道徳の指導法(A)・(B)、児童文学、教育実習指導(Ⅲ)

氏 名 山下 俊幸 (ヤマシタ トシユキ)
所 属 こども発達学科
職 名 准教授
専攻分野 国語教育学、認知科学(主として活動理論・状況論
最終学歴 横浜国立大学大学院教育学研究科国語教育専修
学部担当科目 国語(A)・(B)、初等教科教育法(国語)(A)・(B)、教養ゼミナール、ゼミナールⅠ・Ⅱ、保育内容指導法・言葉Ⅱ(A)・(B)、道徳の指導法(A)・(B)、児童文学、教育実習指導(Ⅲ)
長期研究テーマ 国語科教育への状況論的アプローチ
長期研究テーマの内容
  • ① 国語科単元学習の認知科学的分析と教育環境のデザイン
    わが国の国語教育の財産である単元学習について、その単元計画や授業実践を認知科学の知見である状況論や活動理論の視座から分析、考察しながら、児童が主体的に学ぶことを保障する教育環境としての単元デザインを追究する。
  • ② 国語科学習を通した自己形成と言語発達の支援に関する研究
    国語科の授業での関係性に着目して、他者やテキストとの相互交渉(インタラクション)の実際を考察しながら、教師や子ども自身の価値付けやテキストの道徳的価値の獲得について明らかにし、児童の自己形成と言語発達の支援の在り方について追究する。
  • ③ 小学校教員養成課程におけるカリキュラム開発
    本学の特色である幼稚園教諭、保育士、認定心理士の資格取得と連動したカリキュラムをどのように構成するかについて、ことばの獲得や関係性の広がりに着目しながら、乳幼児の発達との連続性を踏まえたカリキュラム開発を行いたい。
短期研究テーマ 国語科授業のエスノメソドロジー的視点による分析、考察及び教育環境のデザイン
短期研究テーマの内容
  • ① 小学校における国語科授業の観察及び分析、考察
     横浜市をはじめ県下の小学校の校内研究の協力者として研究に参加しながら、事前の協議会や当日の授業研究会での協議を通して、教員の授業力向上と子どもたちの学びへの支援のあり方について追究する。
  • ② 国語科学習における「学び合い」のデザイン
     国語科のグループ学習を取り上げ、読みの学習における学習過程と学習構成をとらえ、分析、考察を加えながら、博士論文にまとめたい。
主要業績
  • ① 「児童の状況的認知と文章産出の実際について-表現学習への状況論的アプローチ」『国語科教育 第39集』全国大学国語教育学会編 学芸図書 1992年3月
  • ② 「国語科単元学習への状況論的アプローチ-複線型学習展開に関する一考察」『国語科教育 第43集』全国大学国語教育学会編 学芸図書 1996年3月
  • ③ 「『問い』と『ことば』との出会い」「『教育実践』への状況論的アプローチ」1996年7月 日本認知科学会「教育環境のデザイン」研究分科会研究報告Vol.3 No.3
  • ④ 「国語教育における学習支援ツールとしてのコンピュータ活用」「コンピュータと教育」1998年3月 日本認知科学会「教育環境のデザイン」研究分科会研究報告Vol.5 No.1
  • ⑤ 『生きてはたらく国語の力を育てる授業の創造 第11巻 文学を豊かに読み味わう学習指導「読むこと3」』(分担執筆)小森 茂・他編 日本文教社 2000年7月「学習活動の複線化で楽しく豊かに学び合う姿を支援する」 (P.234~243)
皆様へ
メッセージ
29年間にわたり小学校の教員を勤めながら常に問い続けてきたのは、「学ぶ」とはどういうことか、「教える」とはどういうことかということでした。その間、個別支援学級を開設したり、学級崩壊の学級に担任として入ったりしながら様々な子ども達と出会いました。また、横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校在職中は、国語科を窓口とした研究的実践を重ねることができましたが、日本認知科学会の立ち上げに参加し、自分の研究の足場作りができた意義のある10年間でした。
最後の4年間は、副校長として全体的な立場から学校経営に参画してきましたが、教員への支援や離脱児童への対応を通して教師教育や教師の専門職性の獲得についての課題、さらに教員養成の重要性を強く思うに至りました。
今、求められているのは、教育という営みに誇りをもち、子どもたち一人ひとりに愛情を注ぐことのできる人間、教師です。授業とは、単なるスキルの問題に還元できない創造的共同的な営みなのです。使命感をもって本気で授業を行い、子どもたちに真剣に向き合うことができる教師を本学から多数輩出することを願い、実践者としての視座を大切にしたバウンダリークロッサーとして研究を進めていこうと考えています。また、「海・守り隊」の活動(環境保全活動)と「お話きかせ隊」の活動(読書啓発活動)に学生と取り組みながら、地域連携と貢献を図っていきたいと願っています。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.